Be Cool Users 辞典

カスタム検索

何も考えたくない時のWord文書のアクセント

Word 2010, 2007

Word文書のアクセント01 Wordで文書を作った後、「何か物足りないなぁ」「アクセントでも付けるかぁ」と思った時に一番登場しそうなのがクリップアート。
でも、意外とその文書に合いそうなクリップアートを見つけるのって面倒に思いませんか?
私なんて、「あぁ、このクリップアートすごくいいけど、実際問題、カワイすぎて私のキャラじゃないし」とか自分のキャラ問題まで出てしまい、結構時間がかかります。

Word文書のアクセント02 そこで!
文書にアクセントは付けたいけれど、何も考えたくありませ~ん!という時に便利なのが、ワードアートです。
文書にドカンと大きく入れるだけで、そこそこオシャレに、そこそこ文書に「締まり」が出てきます。

Word文書のアクセント03 ポイントはヘッダーにカーソルを置いた状態でワードアートを入れること。
こうすることで、ワードアート自体は、文書の本文がある位置にかかっていても、ヘッダーに存在することになるので、後々本文を作業したい時にもワードアートが邪魔することはありません。

更にヘッダーの文字や図は、基本的に全ページに表示されるので、複数ページになっても同じデザインを維持できます。

Word文書のアクセント04 ヘッダーに入れるワードアートは、ホントにお好みで。
ただ、このままでは文書の本文と重なった時に、ワードアートの色が濃すぎて読みにくいので、

Word文書のアクセント05透過性]の設定で、ワードアートをうっすらさせています。

Word文書のアクセント06 更に文字を傾けるために、[文字列の方向]を変更しているのですが、Word 2007のワードアートではこの設定はできないので、

Word文書のアクセント07 Word 2007の方は回転を使えばいいと思います。
もちろんWord 2010をお使いの方でも、回転の方が良ければそれでいいと思います。

スポンサードリンク

Be Cool Usersグループのサイト

Be Cool Users 2007ワード・エクセル・パワーポイント【Be Cool Users 2007】
バージョン2010・2007のOfficeの使い方・実用ノウハウはこちら!

Be Cool UsersWord,Excel,PowerPointの技--Be Cool Users
バージョン2003以前のOfficeの使い方・実用ノウハウはこちら!