Be Cool Users 辞典

カスタム検索

チェックボックスと条件付き書式の連携

Excel 2013, 2010, 2007

チェックボックスの作り方」では、チェックボックスの作り方と、チェックボックスと関数を連携させた活用例をご紹介しています。
このページでは、チェックボックスと条件付き書式を連携させた、こんな例をご紹介します!

表の上に作ったチェックボックス。
checkbox01-01

このチェックボックスにチェックを付けると・・・
表内の該当するセルに色が付きます!
checkbox01-02

作り方

チェックボックスを作り、更にチェックボックスの値を表示させるセルを指定します。
checkbox01-03

今回の設定は、

チェックボックスがONだった場合に、A5番地からC5番地と、A7番地からC7番地のセルの色を緑にする

となりますが、チェックボックスがONなのかどうかは、A2番地に表示されるようになっているので、

A2番地がTRUEだったら、A5番地からC5番地と、A7番地からC7番地のセルの色を緑にする

となります。

やりたいことを頭で整理できたので、早速操作に入ります。
チェックボックスがONになった場合に、色を変えたいセルを範囲選択します。
今回の例では、A5番地からC5番地と、A7番地からC7番地です。
ちなみに、Excel 2013では、範囲選択したセルがグレーに表示されるため、下の図ではA4番地からC4番地も範囲選択しているように見えますが、A4番地からC4番地は単純に最初から色をグレーに設定してあるセルですので、範囲選択に含まれているセルではありません。
checkbox01-04

checkbox01-05 条件付き書式の設定をします。
どうしてこういう設定になるのか分からない!という方は、まずは焦らず「条件付き書式(数式編)」をご覧ください。

最後に、チェックボックスの値を表示させているA2番地を隠すために、今回の例では、2行目を非表示にしています。

スポンサードリンク

Be Cool Usersグループのサイト

Be Cool Users 2007ワード・エクセル・パワーポイント【Be Cool Users 2007】
バージョン2010・2007のOfficeの使い方・実用ノウハウはこちら!

Be Cool UsersWord,Excel,PowerPointの技--Be Cool Users
バージョン2003以前のOfficeの使い方・実用ノウハウはこちら!