Be Cool Users 辞典

カスタム検索

Excelデータベース機能の練習用データに便利!「なんちゃって個人情報」さん

Excelには、たくさんのデータの集合体から必要なデータだけをピックアップ(抽出)したり、集計したりする、「データベース機能」が備わっています。

じゃぁそのデータベース機能の使い方を覚えよう、練習しよう、と思った時に一番ネックになるのが、「練習用データが無い!」ということではないでしょうか。
確かに自分で入力して作ればいいわけですが、データベース機能の練習となると、たくさんのデータが必要です。
それをいちいち自分で入力するとなると・・・私はイヤです(笑)。

「なんちゃって個人情報」さん そこで便利なのが、ダミーの個人情報リストを作ってくれるWebサービス「なんちゃって個人情報」さん!
出力形式を選択し、何件のデータがほしいのか出力数を設定し、好みのダミーデータの項目を選択して、[なんちゃって生成]ボタンをクリックするだけで、あっという間に大量のダミーデータを作ってくれる、すごいサイトさんです。

Excelの練習用ならば、とりあえず[出力形式]はCSV形式を選択するといいと思います。
それでなのですが、こちらのサイトさんでCSV形式を選択してダウンロードすると、拡張子がCSV形式にはならないようなので、ダウンロード後、拡張子を自分でCSVに変更します。
そのために、ダウンロードの前に、予めご自分のPCで、拡張子が表示されるようにしておきます。


拡張子の表示については、下記のサイトさんが分かりやすく解説してくださっています。
Windows 8・・・ファイルの拡張子を表示する(パナソニックパソコンサポート)
Windows 7・・・ファイルの拡張子を表示する(Microsoft at Life)
Windows Vista・・・ファイル名拡張子を表示するまたは表示しない(Microsoft)

また、「そもそも拡張子って何?」という方は、こちらのサイトさんが分かりやすく解説してくださっています。
拡張子って何ですか?(フレッツ NTT西日本)


拡張子を表示させておく前準備が終わったら、「なんちゃって個人情報」さんで、好みのオプション項目を選択し、[出力形式]で「CSV」を選択し、[なんちゃって生成]ボタンをクリックすると、ファイルをダウンロードすることができます。

csv-sample04 ダウンロードしたファイルは、既定では、拡張子が「.cgi」になってしまうようなので、早速、自分で拡張子を「.csv」に変更してみます。
ちなみに、ダウンロードしたファイルがどこにあるか分からない!という方は、「ファイルの検索」をご覧ください。

csv-sample05 ダウンロードしたファイルのところで右クリック、[名前の変更]をクリックします。

名前の変更ができる状態になったので、「cgi」のところを消して、「csv」と半角で入力します。(この時、「.」(ピリオド)は消さないように注意です)
[Enter]キーで入力を確定しようとすると、下記のようなメッセージが表示されますので、[はい]をクリックします。
csv-sample06

csv-sample07 ダウンロードしたファイルの拡張子を、「.csv」に変更することができました!

早速、このCSV形式のファイルをExcelで開いてみます。
開いた時に、データが「####」のようになっているものは、単純に列幅が足りないだけですから、列幅を広げればOKですヨ。
また、今の状態は、あくまでもCSV形式のファイルであって、Excel形式のファイルではありませんので、更にExcel形式で保存しなおしておきます
csv-sample03

スポンサードリンク

Be Cool Usersグループのサイト

Be Cool Users 2007ワード・エクセル・パワーポイント【Be Cool Users 2007】
バージョン2010・2007のOfficeの使い方・実用ノウハウはこちら!

Be Cool UsersWord,Excel,PowerPointの技--Be Cool Users
バージョン2003以前のOfficeの使い方・実用ノウハウはこちら!