Be Cool Users 辞典

カスタム検索

線吹き出しを使ってみました:その1

Word 2010Excel 2010, 2007PowerPoint 2010, 2007

今回は上記のバージョン表記のとおり、Word 2007が対象外となります。

商品のポイントとなる部分から線を引っ張り、それについてのコメントを書く・・・商品説明などでよく見ます。
線吹き出し(その1)-01

線吹き出し(その1)-02こういったものをOfficeで作りたい場合、線の部分を[フリーフォーム]で描くか、[直線]を2本描くかをして、文字の部分は[テキストボックス]で、というのが私の普段のパターンでした。
でも、1つの説明を作るのに、図形のパーツが複数になってしまうと、何となく気分が重かったんですよね、「これとこれを組み合わせて、やっと1つできる」みたいな(笑)。

線吹き出し(その1)-03そこで!
たまたま思い付いたのが[線吹き出し2]を使う方法。
「これってあんまり使う場面がないんじゃない?」といつも思っていた[線吹き出し]が意外とやってくれました(笑)。

作り方

まずは適当な位置に[線吹き出し2]を描き、文字を入力します。
線吹き出し(その1)-04

描いた線吹き出しを選択した状態で、[図形の塗りつぶし]は[塗りつぶしなし]に、[図形の枠線]で、好みの線の色を選択します。
線吹き出し(その1)-05

文字が入っている部分をどこに置きたいのか、あくまでも文字が入っている部分のことだけを考えて、線吹き出しを移動します。
文字が入っている四角形の部分だけを移動するということはできないので、線吹き出し全体を移動させるわけです。
もちろん、一緒に線の部分も移動してしまいますが気にしない、気にしない。
線吹き出し(その1)-06

線吹き出し全体を動かすことで、文字部分の位置決めが終わったので、あとは現在の文字の位置に合わせて、線の部分を動かします。
それぞれの黄色の調整ハンドルをドラッグすることで、線だけを調整することができます。
線吹き出し(その1)-07

今回はこんな感じに線の位置を調整しました!
線吹き出し(その1)-08

お好みで更にひと工夫

線吹き出し(その1)-09更に、これはお好みなのですが、線の先端を、矢印の設定の機能を使って丸くします。

線吹き出し(その1)-10今回使った[線吹き出し2]の場合は、「始点」ではなく、「終点」を変えることで、このような感じになります。

もちろん、丸以外の種類でもいいですし、サイズもお好みで。

こんな感じもいいかも

先程までの例では、説明文の下に線が来るように、線の位置を調整していましたが、下の図のように、タイトルと文章の間に線が来るようにしてもいいかもしれません。
線吹き出し(その1)-11

スポンサードリンク

Be Cool Usersグループのサイト

Be Cool Users 2007ワード・エクセル・パワーポイント【Be Cool Users 2007】
バージョン2010・2007のOfficeの使い方・実用ノウハウはこちら!

Be Cool UsersWord,Excel,PowerPointの技--Be Cool Users
バージョン2003以前のOfficeの使い方・実用ノウハウはこちら!